医療設備FACILITY

歯科医療用CT

当院では骨の密度や硬さも測ることができる歯科用CTを導入しています。
歯科用CTは患者さまのお口のなかを3次元で分析することが可能であるため、2次元のレントゲンよりも立体的で、よりわかりやすいという特徴があります。

口腔内光学スキャナ

光学スキャンは、お口のなかの状態を直接コンピューター上にデータとして取り込むことができる機械です。
お口に流し込む印象材のように、流し込んだときの不快さがなく、印象材の変形や模型にしたときの誤差を防ぐこともできます。
また、光学スキャンでは、形だけではなく色まで再現することができるため、診断までの時間を短縮することが可能になります。

シミュレーションソフト

矯正の治療の場合には治療後の歯並びのシミュレーション結果を画像でお見せしたりしています。
視覚的に理解できるものをお見せすることは、長い治療を行っていくうえでのモチベーションにもつながります。

治療用ユニット

最新ドイツ製の殺菌水循環システムを備えた診療チェアです。
歯科での治療ユニットの水(治療中に流れる水や、口をゆすぐときの水)の汚染について、平成27年に読売新聞の記事になったことがありました。
記事によると歯科医院で使われているユニット内の水の中には、多くの菌の繁殖が見られるというものでした。

当院でのユニットはそうした菌が出てくることなく、綺麗な水の流れるものを使用しています。
大切な患者さまのお身体をお守りし、安心して治療を受けていただく環境作りをしていく事は、私たち医療従事者の責務であると考えています。

当院では日本よりも滅菌対策が厳しいヨーロッパの基準をクリアしたドイツ製のハンドピース滅菌器「DAC Universal(ダック・ユニバーサル) 」を導入することで、器具の外部だけでなく、手では難しい内部の隅々まで洗浄し、完全に滅菌することができおります。

高温・高圧の蒸気で治療に使用する機材を滅菌する装置です。
当院では日本の歯科医院ではまだ導入実績の少ない、世界で最も厳しいヨーロッパの滅菌基準で、クラスB規格をクリアした滅菌機「DAC Professional(ダック・プロフェッショナル) 」を導入しております。