マウスピース矯正ORTHODONTIC MOUTHPIECE

全世界約470万人におよぶ圧倒的な症例データを元に開発され、
日々進化しているマウスピース矯正

インビザライン治療では、独自のSmartForceテクノロジーを利用し、取り外し可能で、ひとりひとりの歯列に合わせたカスタムメイドのアライナーを作製します。

目立ちにくいプラスチック製のアライナーを歯牙に装着することにより、歯牙を徐々に理想の位置へと近づけていきます。

治療計画を立てる歯科医師によって、インビザライン矯正の効果や治療結果には大きな差が出ます。

途中で転院することが困難ですので、折角の治療で失敗しないためにも、医院、及び歯科選びはとても重要です。

マウスピース矯正のメリット

目立たない

金属ワイヤーを歯面に取り付ける典型的なワイヤー矯正装置は、白い歯の上でとても目立ちます。

しかし、インビザラインは透明なマウスピース型の矯正装置なのでほとんど見えません。
周囲の人に気づかれずに歯並びを矯正することができます。


取り外しができて衛生的

インビザラインはマウスピース型なので、簡単に取り外しができます。
食事のときに取り外して好きな物を食べられるのは、他の矯正装置には無い最大のメリットです。

そして今まで通り歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスを使って歯磨きをすることができます。
またインビザラインのマウスピースは流水で汚れを落とし、専用の洗浄剤で殺菌できるので、衛生面も安心です。

緻密なシミュレーションにより
痛みや違和感が少ない

3Dシミュレーションで割り出した治療計画により1つのマウスピースで動かす歯の距離を小さく設計しているので、他の矯正治療よりも痛みが少ないのが特徴です。

マウスピースの厚みはわずか0.5mm程度と薄く、表面が滑らかなプラスチック製で、装着時の違和感も少なめです。

2ヶ月に1回程度

通院回数が少ない

治療が軌道に乗ると、通院は2ヶ月に1回程度になります。
2~4週間に1回通院する必要がある他の矯正装置に比べ、インビザライン矯正は通院回数が少なくて済みます。

多くの症状に対応できる

「中~重度の出っ歯」「歯が大きくデコボコに並んでいる」「抜歯が必要」なケースなど幅広い症例に対応できます。