ピュアリオの治療PURERIO'S TREATMENT

ピュアリオのマウスピース矯正の特徴

型取りをせずに、
お口の中を精密に再現

従来のアルジネート印象(粘土のようなものでの型取り)では、正確に口の中を再現することは不可能でした。
その誤差を無くすために生まれたのが、光学スキャンと呼ばれる方法です。

口の中をカメラでそのまま読み取ることで、形だけでなく色まで正確に再現することができます。


視覚化された確実な診断

矯正により歯の頭の部分が動いているように見えますが、実際はあごの骨の中にある歯の根っこが動いています。
決められた骨の中を正しく動かさないと、歯が骨から飛び出したり、歯茎が下がるなど大きなトラブルが生じます。

それは将来的な歯の寿命にも影響し、早く歯を失う原因につながります。

そういった問題を防ぐことを可能にしたのが、歯科用CTによる3次元での分析です。


3D分析による多角的な診断

これまでは顔面を左右対称のものと仮定して測定するなど、かなり曖昧な診断がされてきました。

当院では前述したCTでの3次元データを分析することで、上下左右あらゆる方向から観察し、正しい歯や骨の位置を記録することで、極めて正確な分析を行うことができます。


事前シミレーション

ピュアリオでは、スキャンした高度な3D模型を、3Shape社(デンマーク)のOrtho analyzerを用いて並べていきます。
Ortho analyzerは3D模型とCT画像を重ね合わせることで、骨の中を確認しながら歯を並べることのできる数少ないソフトの一つです。
日本で導入している医院はほとんどありません。

これにより無理のない理想の歯並びをつくることができます。
また、矯正前から矯正後の歯並びへ変化させた、シミュレーション動画を事前に見ることができるので、患者さんは術前に矯正のイメージをしっかり把握することができます。


デジタル機器を用いた、
精密な装置作り

コンピューター上で理想とする歯並びが出来上がっても、それを正確に再現することができなければ意味がありません。

3Dプリンターや、各種デジタル機器を用いてシュミレーションした理想の歯並びの模型を作り、実際の患者さんのお口の中の正しい位置に装着する装置を作っていきます。