マウスピース矯正(インビザライン)の「チューイー」の使い方は?痛い場合はどうする?

マウスピース矯正(インビザライン)の「チューイー」の使い方は?痛い場合はどうする?

マウスピース矯正(インビザライン)で使用するチューイー。

マウスピースをしっかりと歯にフィットさせて、歯並びを動かしていくために必要な補助道具です。

この記事では、チューイーとは何なのか、チューイーの使い方やお手入れ方法、痛い場合やなくしてしまったときの対処法について説明していきます。

チューイーをもらったけれど使い方がよくわからない方、チューイーを使っていて痛みに悩んでいる方などのご参考になれば幸いです。

開院8年目キャンペーン。ピュアリオ歯科・矯正歯科

チューイーとは?

チューイーは、インビザライン矯正のマウスピースをしっかりと歯にフィットさせるための補助道具です。

インビザライン矯正で歯を動かしていくためには、マウスピースをただ歯に装着するだけでなく、マウスピースが浮いてしまうことなくきっちりと歯にフィットしていることが大切です。マウスピースが少しでも浮いてしまっていると、歯を動かすために必要な力がかからないため、歯は理想通りに動いていきません。

そこで必要になるのがチューイーです。チューイーを咬むことで、確実にマウスピースと歯をフィットさせることができるのです。
チューイーは英語では「chewie」と書き、「chew」には「噛む」という意味があります。

特に、新しいマウスピースに交換した直後は、今の歯並びと新しいマウスピースの形状とにギャップがあるため浮きやすいので、チューイーを咬んでフィットさせることがより重要になります。

チューイーは弾力性のあるシリコンでできていて、ロール状のチューブ型です。
最近では、フレーバー付きや棒付きのチューイーもありますので、ご自分にあったものを探してみてくださいね。

チューイーは歯科医院やネット通販で購入することができます。価格は、2〜3個で数百円程度が一般的。ピュアリオ歯科でも、受付で購入できます。(200~300円)

2.チューイーの使い方

チューイーは、ガムのように咬んで使います。

マウスピースを上下に装着したあと、まずはチューイーを前歯で数回咬みこんで、前歯のマウスピースをしっかりとはめ込みます。
チューイーを前歯で咬み切るように、思い切り咬むことがポイントです。
次に前歯の隣の歯で数回咬み、最後は奥歯で数回咬んで、マウスピースを全体的にしっかり密着させます。

前歯以外でチューイーを咬む時は、チューイーを2つ使って左右同時に噛むと、よりスムーズにマウスピースがはまり込んでいきます。

新しいマウスピースに交換してから数日間は、特にマウスピースが浮きやすいので、チューイを意識的に噛むようにしましょう。

逆に、チューイーを咬む時間が長すぎると、チューイーが傷んでしまうだけでなく、顎関節が痛くなってしまうこともありますので、適度な使用は守ってくださいね。

なお、チューイーを咬むと、歯が押される感覚や圧迫感を感じることがあります。これはマウスピースがしっかりと装着されているしるしなので問題ありませんが、不安な場合は歯科医院に相談しましょう。

3.チューイーを使用しないデメリット

チューイーを使わないと、マウスピースがしっかりと歯にフィットしないため、治療計画の通りに歯が動かない可能性があります。

理想的に歯を動かしていくためには、しっかりとチューイーを使うことが重要なのです。

4.チューイーを使うと痛い場合は?

チューイーを噛むと、痛いと感じることがあります。

特に、マウスピース矯正を始めたばかりのタイミングや、マウスピースの交換直後には痛みを感じやすいです。
チューイーはマウスピースを歯にしっかりとフィットさせる道具ですので、まだマウスピースの形に歯並びが追いついていない状態だと、チューイーを噛むことによってかかる力が痛く感じるのです。

チューイーが痛いときは、噛む力を加減したり、噛む時間を短くしたりしながら上手に乗り切ってみてください。

慣れるまでは大変ですが、チューイーを噛むことでマウスピースが歯にフィットして、歯の動きがよくなり、矯正の効果が高まります。

どうしても痛い場合はクリニックに相談してみましょう。

5.チューイーのお手入れ方法

チューイーは消耗品ですが、1回ごとの使い捨てではなく、数回は繰り返し使えます。
使用した後は必ず水洗いをして乾燥させることで、清潔に使用できます。

チューイーの弾力がなくなってきて上手く咬めなくなったり、チューイー自体が裂けてきたら、いくら咬んでもマウスピースを密着させる効果はありませんので、交換してください。
だいたい1週間~10日ほどが目安になります。

6.チューイーをなくしてしまったら?

もしチューイーを紛失してしまったり、ストックを切らしてしまった場合。なるべく早く新しいものを購入することが一番ですが、一時的に代替品として使えるものには以下があります。

・タオル
厚みがあるタオルを咬むことで、チューイーの代わりになります。薄いタオルしかない場合は、丸めたり折りたたんだりして、厚くして咬んでくださいね。

・ティッシュペーパー、キッチンペーパー
薄いタオルと同様、丸めたり折りたたんだりして、厚くして咬んでください。
ティッシュペーパーは外出先でも簡単に手に入るので、代替にしやすいですね。

また、タオルやティッシュペーパー、キッチンペーパーを割り箸に巻いて咬むと、咬みごたえがあり、よりチューイーの感覚に近くなります。

ただ、これらの代替品は、正規のチューイーと比べたら効果は少なくない上、マウスピースや歯を傷めてしまう可能性もあります。あくまで一時的な使用にとどめて、早めに新しいものを購入してくださいね。

7.まとめ

インビザライン矯正で、治療計画の通りに歯を動かすためには、マウスピースをただ装着するだけでなく、しっかりと歯にフィットさせることが大切です。チューイーを正しく使うことで、インビザライン矯正を成功させて、理想の歯並びを手に入れましょう!

関連記事

インビザラインの変化は何枚目?いつから効果を実感できる?|マウスピース矯正治療

開院8年目jキャンペーン。インビザライン矯正最大30万OFF。