case
インビザライン(マウスピース矯正)の症例

当院に矯正のご相談に来られる患者様の
よくある症例をご紹介します。

歯並びがガタガタ(デコボコ)

がたがたは、叢生(そうせい)と呼ばれ、別名乱杭歯(らんぐいば)といい、
歯が重なり合ってデコボコした状態のことを指します。

下の歯が出ている(受け口)

受け口は、上下の噛み合わせが反対の状態です。
下顎(したあご)の自由度が奪われてしまうため、顎に常に負担がかかっている状態になります。

すきっ歯がある(正中離開)

すきっ歯は、歯と歯の隙間が大きく空いている状態の歯並びのことです。
中でも前歯と前歯の間の隙間が大きい症状のことを「正中離開(せいちゅうりかい)」と言います。

全体的に口元がでている(出っ歯)

上の歯または、上顎(うわあご)全体が前に出ている状態を上顎前突(出っ歯)と呼びます。

八重歯がある

八重歯とは犬歯(根っこが一番長い歯)が歯列の外にはみ出した状態です。

矯正無料相談